飲み会と現金化

飲み会などで幹事が参加者に代わって飲み代を支払い、参加者からお金を徴収する方法は一種のクレジットカードの現金化です。自分が消費した分以外の分のお金も現金として自分の手元に来るという点で現金化しているからです。

一般的にクレジットカードを使った現金化を行う場合には、業者に依頼するケースがありますが、業者に依頼すると悪徳業者などもいるため、あまりオススメはできません。

部下や同僚を集めて飲み会をして、そこで現金を参加者から徴収することで、現金を手に入れることができます。しかしながら、当然支払いは後ほど来ますので、気をつけてください。たとえば、確実に給料が入る前に、現金が足りなくなってしまった。などの場合には、飲み会の幹事によって現金化するということも考えられるでしょう。

しかしながら、本来、そこまで現金がなくなるまで浪費することが好ましくない状態なので、そちらについては、お給料日前など毎月のことなので気をつけたいところですね。

クレジットカードを使って買った商品を売却して、現金を得る場合には、還元率と言って売却金額が本来クレジットカードで買った金額よりも大幅に下回る可能性があります。しかしながら、飲み会の場合、そういったことがないのが安心できる点です。

コメントは受け付けていません。